杉原千畝

sugihara-chiune

命のビザ
杉原千畝夫妻 顕彰活動

2020年(令和2年)11月1日、沼津市の港口公園に多くの方々の協力のもと「命のビザ」で有名な杉原千畝夫妻の顕彰碑が建立されました。これは千畝の決断を支えた幸子(ゆきこ)夫人が沼津生まれというご縁を生かし「ビザ発給80年」を記念して企画されたものです。除幕式には沼津市長、イスラエル大使館、リトアニア大使館、そして杉原ファミリーの方々が出席されました。

お二人の偉業を歴史的記憶としてとどめ、次世代に人間の命の尊さを第一とする人道の精神を伝えるという願いが込められています。
今後共、顕彰活動を続けていきたいと思います。

除幕式の写真

除幕式の写真。沼津の加藤学園暁秀高校・バイリンガルコースの皆さんが通訳として手伝ってくれました。

令和3年度の秋の行事